クラシックにまつわる「人と人」の物語をひもとく音楽サロン。
第2回より、「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座としてお届けしています。

Parte1「モーツァルトとサリエリ」
Parte2「ヴェルディとガリバルディ」
Parte3「リストとマリー」
Parte4「クリスマスの音楽」

主催:朝日カルチャーセンター

 

[次回]

ムジカサローネ
Parte4「クリスマスの音楽」

もうすぐクリスマス。教会では、11月30日の「聖アンデレの日」から聖夜を迎える準備をはじめます。

一週間に一本ずつ蝋燭に火をともし、まっさらな心をつくるアドベント(待降節)の季節に、クリスマスの音楽の歴史をひもといてみませんか?

『若草物語』の四姉妹が歌っていた伝承曲や、おなじみのクラシック音楽、戦時中の人びとに愛されたポピュラーソングを聴きながら、クリスマスの本質に迫ります。

[予定曲目]
コヴェントリー・キャロル/ひいらぎかざろう/ヘンデル:オラトリオ『メサイア』/チャイコフスキー:バレエ『くるみ割り人形』/ホワイト・クリスマス など

愛に満ちた音楽で、みなさんのホリデイがすてきなものになりますように!

※新型コロナウィルス感染拡大の影響を鑑み、本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座として行います。Zoomは簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。

ムジカサローネ Parte4「クリスマスの音楽」

-->