PROFILE

Mai Takano|高野麻衣

文筆家
新潟県村上市出身。上智大学文学部史学科卒業。音楽雑誌編集を経て、2009年より現職。

クラシック音楽とマンガ・アニメを中心に、映画、舞台、アートなどカルチャーと歴史、人物について執筆・講演。
闘うプリンセス」など女性の生き方についてのコラムにも定評があり、2012年『花園magazine』を創刊した。14年の東京フィルハーモニー交響楽団ワールドツアーに同行。同年よりラジオ『OTTAVA Domenica』、15年より『Memories & Discoveries』(JFN系列)でレギュラーを務めている。

著書に『フランス的クラシック生活』(PHP新書)、『乙女のクラシック』(新人物往来社)、『マンガと音楽の甘い関係』(太田出版)。CD『マリー・アントワネットの音楽会』『クラシックの森』や音楽朗読劇『クラシカル・クロニクル』ほか、書籍やメディア作品の原作・企画構成・監修を多数手がける。

乙女座B型。好きなものはモーツァルトと少年ジャンプ。暗闇にあっても凛々しく、美しいもの。自由。

 

[商業実績]
取材・編集・ライティング全般
(ストーリー原案、シナリオ制作、ノベライズ、図録・文庫解説等含む)
講演・トークイベント・メディア出演・司会
企画構成・監修・選曲(プレイリスト作成)

[おもな連載・レギュラー]
2005 「月刊ぶらあぼ」編集部配属
2006 ラ・フォル・ジュルネ取材スタート。ルネ・マルタンの音楽日記(-18)
2009 独立。クラシック・スナイパー/宝塚イズム(青弓社)
2010 Otome continue(太田出版、-12)/CYZO×PLANETS月刊カルチャー時評(-12)
2011 NHK-BS2「MAG・ネット」
2012 「花園magazine」創刊(-15)/別冊マーガレット増刊(集英社)
2013 新潟日報「晴雨計」(-14)/25ans ONLINE「エレ女のクラシック」(-19)
2014 東京フィル ワールドツアー同行/OTTAVA Domenica(-16)/高野麻衣の劇場日記(-16)/SPA!「エッジな人々」(扶桑社)
2015 東京フィル 定期公演会プログラム/TOKYO FM「Memories & Discoveries」
2016 エンタメステーション(ソニーミュージック・エンタテインメント、-17)/M NEWS CLASSIC(三重県総合文化センター、-17)/intoxicate(タワーレコード)
2017 Febri(一迅社)/LIVE in the DARK(コニカミノルタ プラネタリウム)/WEEKEND MUSEUM(三菱地所リアルエステート)
2018 ミュージアム・プレイリスト
2019 25ans CULTURE CLUB(ハースト婦人画報社)
2020 CLASSICAL MAGIC 高野麻衣のクラシック×アニメ語り(エムオン・エンタテインメント)

[取引先 ※上記除く一部]
朝日新聞/アニプレックス/キングレコード/講談社/CCCメディアハウス/小学館/新潮社/世界文化社/ダイヤモンド社/千代田区/調布市/Disney Records/TOKYO FM/トムス・エンタテインメント/新潟市/BSフジ/扶桑社/マガジンハウス/LINE Music/ユニバーサル ミュージック/ワーナーミュージック・ジャパン 他

[作品一覧]
https://mai-takano.com/works/

 

Scroll to top